公開履歴
    お金と植物の成長

    日本人は貯金が大好きということは、データにも表れていることで有名です。
    しかし、ただ貯金するだけでは、現在の経済情勢では損をすることになると考えられます。
    それはどうしてでしょうか。
    それに答えたうえで貯蓄よりも投資をすることの方を選択する意味を述べたうえで、どのような投資があるかを述べていきます。
    まず、ある人が現在、現金100万円を持っていたとします。
    また、車を100万円で1台買えるとします。
    すると次の年にインフレが起こり車は120万円になってしまいました。
    車自体は性能が変わっていない同質材であるとすると、昨年100万円の車は次の年120万円の車と等しいわけですから、現在における100万円は実質的に120万円になると言えます。
    ならば、実質的な価値を考えると、現在100万円を車の購入に充てることが良いということが言えます。
    逆に考えると、1年後まで使わずに貯めておくと、実質的な価値が約83万円にまで目減りするため貯蓄することは損であると言えるのです。
    現在の金融政策ではインフレを目指しているため、これから物価が上昇することが予想できます。
    したがって、貯蓄をするということは実質的な価値を下げるということになるので、損をするということが言えます。
    銀行に預金をしても金利はゼロに近いわけですから、金利には期待が出来ません。
    そうならば投資をした方が良いということが言えます。
    投資の方法としては、債券や株式を用いて裁定取引、空売り、配当金を受け取ることによって利益を得ることが有名です。
    また外国為替証拠金取引やETFも有名でしょう。
    他には株式投資の方法もあります。
    こうした投資方法からリターンを得ることが出来ますが、各々リスクが存在し、それに対して正確な理解が求められることは留意するべき点と言えます。

    記事一覧

    記事はありません

    お探しの記事は見つかりませんでした。

    アーカイブ
      人気記事一覧
        サイト内検索
        最近の投稿