ジスロマックの副作用とは?副作用で起こる症状をご紹介

患者を支える医者

どのような医薬品であっても、服用することで目的以外の作用があらわれてしまうことは避けられません。もちろん薬の種類によっては副作用が少ないものもありますが、まったく副作用が起こる心配がない薬はないはずです。クラミジアなどに効果があるジスロマックについても同じことが言えるので、どのような症状が起こってしまうことがあるか理解しておき、もしも副作用が起こったときには適切な行動を起こすことができるようにしておかなければなりません。

ジスロマックを服用したときには下痢や嘔吐、吐き気や腹痛、発疹やかゆみなどの副作用があらわれることが多いと言えます。これらは比較的軽度な症状なので、深刻化しないことがほとんどだと言えますが、もしもひどい症状があらわれた場合は医師に相談してください。特にジスロマックを服用するとお腹の調子が悪くなってしまう人が多いので、病院によってはあらかじめ整腸剤が処方される場合もあります。自分で治療薬を購入したり、病院で整腸剤をもらえなかったりしたときも、あらかじめ整腸剤を用意しておくと突然の腹痛に困ることを避けられるでしょう。

他にはジスロマックを服用することでアトピー性皮膚炎が悪化してしまったり、光線過敏性反応と呼ばれる光に当たった部分が赤くなる症状を引き起こしたりすることもあります。身体に水疱が見られるようになったり、皮膚が乾燥してしまったりすることもあるようです。多くの症状は一過性のものだと言えますが、なかには症状が悪化してしまうものもあるので、副作用に気がついたときには医師に相談することがおすすめだと言えます。

稀に呼吸困難や喘息、アナフィラキシーショックなどを引き起こすこともあるので注意しておかなければなりません。肝炎や急性腎不全などを引き起こしてしまう可能性もある治療薬なので、異変に気がついたときにはすぐに医師に相談するようにしてください。副作用が起こってもすぐに治るだろうと思って病院に行かない人がいますが、腹痛などの軽い症状は別ですが、それ以外の副作用があらわれたときには医療機関を受診する必要があります。発見が遅れてしまうと症状が悪化してしまう可能性もあるので、気をつけておきましょう。

ジスロマックを服用するのであれば、事前にどのような副作用が起こるか知っておくことが大切だと言えます。服用者の多くが感じる腹痛などは整腸剤を飲むことで治すことができますが、なかには重症化しやすいものもあるので危険です。少しでも気になることがあるのであれば自己判断せずに、医師に相談することが大切だと言えます。