クラミジアの検査はどうすればいい?感染を広げないためにも受けておきたい検査の内容

性感染症のひとつであるクラミジアに感染したかもしれないと感じたときには、なるべく早く性病検査を受けなければなりません。身体の変化や症状からクラミジアだろうと判断する人もいるかもしれませんが、似たような症状があらわれる性病もあるので、実は他の病気に感染している可能性もあります。判断を誤ってしまうと適切な治療を行うことができない可能性があるので、どのような病気に感染しているのか確実に知っておくことが大切だと言えるでしょう。

クラミジアに感染しているかもしれないときに、きちんと検査を受けておかなければ適切な治療を進めることができず、その結果としてパートナーなどに病気をうつしてしまう可能性があります。他の人にうつしてしまわないようにするためにも、しっかりと検査を受けておかなければなりません。クラミジアの検査は性病科や男性であれば泌尿器科、女性の場合は婦人科などで行うことができますし、検査キットを利用すれば自宅でも行うことができます。なかには医療機関で行ってもらうことに抵抗がある人もいるので、その場合でもキットを利用して確実な診断を行っておくことが大切です。

感染している可能性がある病気の種類によって具体的な方法は異なりますが、クラミジアの場合は尿や膣ぬぐい液、うがい液などを検体として用いることで調べることができます。稀に血液の採取が必要になることがありますがその可能性は低いので、性病の確認は痛いのではないかと心配している人でも安心して良いでしょう。

採取した検体に病原菌が含まれているとクラミジアであることが分かるので、そのときは一刻も早く治療を進めるようにしてください。性病には自然治癒するものがないわけではありませんが、クラミジアの場合は自然治癒しないので症状の悪化やパートナーへの感染を防ぐためにも検査を行って、陽性であれば適切な治療を行いましょう。

クラミジアになったかもしれないと感じるのであれば病院に足を運んだり、キットを購入したりして検査を受ける必要があります。性病のなかでもクラミジアは感染力が強い病気なので、感染を広げないようにするためにも性病チェックや治療を必ず行うようにしてください。現在では病院以外でもキットを利用することで自宅でも性病であるかチェックできるようになっているので、忙しさや恥ずかしさなどを理由に医療機関の受診を避けている人も、しっかりと検査を行うことができるはずです。感染の可能性がある場合は自分のためにもパートナーのためにも、性病チェックを忘れないでください。