クラミジアの感染経路は?性的接触と派生的な感染経路について

色々な薬

性感染症の感染経路には様々なものがありますが、クラミジアに感染しないようにしたり他の人にうつしたりしないようにするためには、どのような経路で感染してしまうのか知っておかなければなりません。性病の感染経路は主に性的接触によるものと派生的なものに分類されますが、クラミジアの場合は性的接触による感染がほとんどだと言えます。クラミジアになってしまうと、感染した部位である咽頭や性器の粘膜と精液や膣分泌液などの体液中に病原菌が存在するようになるでしょう。つまり、感染部位の粘膜が他の人の粘膜と接触したり、体液が相手の体内に入り込んでしまったりすると他の人にうつしてしまう可能性があります。コンドームなしでのセックスやオーラルセックス、アナルセックスによって感染することがほとんどなので、注意しておかなければなりません。

基本的にはコンドームを用いずに行った性行為で感染するので、性的接触による被害の拡大がほとんどだと言えますが、他にも注意しておかなければならないことがあります。最近ではオーラルセックスが一般化していることもあり、性器だけではなく咽頭にクラミジアが感染することも多くなっていますが、唾液による感染の可能性がまったくないとは言い切れません。特に咽頭に感染が見られる場合は、唾液が感染経路となってクラミジアがうつってしまう可能性があるので、気をつけておかなければならないでしょう。今のところ学会発表や論文などで、キスや回し飲み程度の接触でクラミジアに感染した報告はされていませんが、絶対に起こらないとは言えないので、注意しておくに越したことはありません。

性病のなかにはお風呂やプールなどの利用で感染してしまうものもありますが、これについても今のところ報告はされていないので、水中で感染してしまう可能性は極めて低いと言えます。しかしながら、こちらも絶対にあり得ないことだとは言い難いので、リスクを避けるためにも自分が病原菌を保有しているときは、なるべく共用施設の利用などを控えたほうが良いでしょう。お湯に浸かっているだけで周りに感染させてしまうことはほぼないと言われていますが、念のため万が一のときのことを考えて行動するようにしてください。

このように、クラミジアの感染経路は基本的には性的接触によるものがほとんどだと言えますが、母子感染と目に対する感染も気をつけておかなければならないでしょう。妊娠している女性がクラミジアに感染すると胎児まで病気を発症することがあるので、母子感染の存在を知っておく必要があります。目に対する感染は、病原菌を含む体液が付着した手で目をこすったりすることでうつることがあるので、このような感染にも気をつけておくようにしてください。