クラミジアに感染して併発する病気にはどんなものがある?深刻な症状もあるので注意

病気のなかには感染することで他の病気を誘発してしまうものもあり、クラミジアの場合もこれに感染することで他の病気を引き起こしてしまうことがあります。なかには深刻な症状もあるので、一刻も早く治療を完了させることで重篤な病気になってしまわないようにすることが大切です。クラミジアは性別によって併発する病気が異なるので、どのような病気になってしまう可能性があるのかしっかりチェックしておきましょう。

男性の場合はクラミジアになると尿道に症状があらわれますが、これが悪化してしまうと尿道から身体の奥へと病原菌が侵入してしまい、前立腺や精巣にまで病原菌が到達してしまいます。その結果として、前立腺炎や精巣炎になって腫れや痛みなどの症状に苦しむことになる可能性があるでしょう。女性の場合は子宮の入り口に感染しますが、これが進行すると卵管炎や卵巣炎、骨盤腹膜炎などを引き起こしてしまうことがあり、さらにひどくなると肝周囲炎を引き起こすこともあります。性別によって併発する病気は異なりますが、いずれの場合も重い症状なので注意しておかなければなりません。

クラミジアが進行することで併発してしまう病気には、他にも深刻なものがあります。それは不妊症や流産であり、男性の場合は前立腺炎や精巣炎になることで精子が上手く作れなくなって不妊症になるケースがあります。女性の場合は卵管炎などを引き起こすことで卵管の機能が正常に働かなくなり、子宮外妊娠を引き起こしたり不妊症になったりしてしまうことがあるのです。さらに、妊娠している女性がクラミジアに感染していると母子感染によって赤ちゃんが亡くなってしまうこともあるので、非常に危険だと言えます。このように深刻な症状を引き起こしてしまうので、クラミジアはとても危険な病気のひとつだと言うことができるでしょう。

性感染症のなかでもクラミジアの感染者数は多いので、深刻な病気ではないと思っている人が少なくありません。しかしながら、治療が遅くなってしまうと他の病気を併発してしまって重い症状を引き起こしてしまうこともあるので、非常に危険な病気だという認識を持つことが大切です。男性の場合は前立腺炎や精巣炎、女性の場合は卵管炎や卵巣炎などを引き起こしてしまうだけではなく、それらが進行することで不妊症になってしまうこともあるので、危険性を理解しておきましょう。クラミジアは治療を行うことで治すことができる病気なので、他の病気を併発させないようにするためにも、感染したときには早期治療に努めてください。