ふるさと納税という投資もおすすめ

グラフ情報

ふるさと納税とは、自治体に寄付することを指します。
投資として用いることのできるものもあります。
ただ、それが投資として本当に魅力的なものなのかどうかを判断するのは難しいですし、すべてが投資として成立するわけではないという点にも注意しましょう。
ふるさと納税とは、「納税」と書かれていることから税金の一種だと考えられがちですが、実際には層ではなくて自治体に寄付をすることを指します。
自治体に寄付をすれば、それに応じて税金を安くできます。
本来は税金として納めなければならないものの一部を自治体に移転するという形になるため、ふるさと納税と呼ばれています。
ふるさと納税をすることによって、その一部が所得税から控除されます。
そのため、税金対策として用いることが出来ます。
具体的には2,000円を超える寄付を行った時に控除の対象となりますから、例えば5万円を寄付した場合に、4万8千円は控除の対象となります。
もともとたくさんの税金を納めている人の場合、4万8千円が控除の対象となったのであれば、つまり4万8千円が戻ってくるのと同じ意味を持ちます。
それだけで何がお得なのかというと、ただ単に控除されるだけではなくて、地域の特産物をもらえるという特典があるからです。
つまり、2,000円の投資によって特産物をもらうことができるわけです。
その特産物がどれくらいの価値が有るのかはそれぞれで異なりますが、例えば5,000円相当のものがあった場合、2,000円の投資で5,000円のリターンを得ることが出来ます。
このように、ふるさと納税は、基本的には寄付と控除によるものですが、うまく活用すれば非常に魅力的な投資となるのです。

関連記事
アーカイブ
人気記事一覧
サイト内検索
最近の投稿